前へ
次へ

暗記できるように工夫したい人は

何かの物事を学ぶために、暗記をするつもりでいるなら、どのように実践すれば効率化を図ることができるのか、そこに焦点を当ててしっかりと考えることが大事だといえます。
今まで暗記を何度か試みてきたにもかかわらず、苦手だと感じてしまっている人は、やり方に問題がある可能性があるので、まずはやり方を変えてみると良いでしょう。
例えば、1つの物事を適当にダラダラと学ぶのではなく、1つの小さな情報としてまとめて見られるように意識することが大事です。
自分にとってイメージ的に脳に定着しているものがあるなら、それと紐付けるのが得策だといえます。
もしくは、数字を覚える場合、ごろ合わせとして覚えてしまうのも悪くないでしょう。
とにかく大きな情報を1つにまとめて覚えるように意識をするだけでも、かなり結果が変わってきます。
なおかつ、インプットした後はアウトプットをするように努力することが大事です。
48時間以内にアウトプットすれば、今後はずっと忘れずに、その記憶を使いこなせるようになるでしょう。

Page Top